« On Voice 第755回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(1/2) | トップページ | On Voice 第757回 師匠を悼む »

2011年5月 4日 (水)

On Voice 第756回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(2/2)

 昔のドライバーは専門職でもっと威張っていたような記憶が。
 しかし考えてみれば今現在でも自動車運転免許は国家試験を通らなくてはならない高度で難度の高いものであるはず。
 クルマ社会を作るために意図的に技術基準が下げられてきた。
 今の被曝線量の問題にも通じる社会の病理なのでは。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第756回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0756.mp3

|

« On Voice 第755回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(1/2) | トップページ | On Voice 第757回 師匠を悼む »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/51558584

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第756回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(2/2):

« On Voice 第755回 プロの自覚を消滅させたクルマ社会(1/2) | トップページ | On Voice 第757回 師匠を悼む »