« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

On Voice 第806回 言論弾圧の季節がやって来るのか?(3/3)

 「言論弾圧」の問題は、あなたに無関係なことではない。
 必ずあなたに返ってくる問題なのだ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第806回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0806.mp3

*以下の回をご参照ください
On Voice 第165回 4月に思い出す『茶色の朝』
http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/2009/04/on-voice1654-0c.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

On Voice 第805回 言論弾圧の季節がやって来るのか?(2/3)

 本来、表現の自由はなにものにも妨げられないというのが原則。
 ただし特別な時、仕方ない場合のみ、規制しなくてはならないこともあるというだけのこと。
 多くの国々では表現の自由を巡って長く辛い歴史を経てきたが故にそれは非常に大切にされている。
 しかしそうした意識が希薄な日本では、今後何が起きてくるか不安が残る。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第805回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0805.mp3

*参考!サイト
・YouTube
「日本は核を持て、徴兵制やれば良い」石原都知事(11/06/20)
http://www.youtube.com/watch?v=QcQuZtqyrfk

・毎日jp
山口・上関原発建設計画:石原氏「10年はできない」 「反対運動はアナーキー」
http://mainichi.jp/seibu/shakai/news/20110619ddp041040009000c.html

・薔薇、または陽だまりの猫
杉並区議会で「デモは迷惑だから規制しよう」との声が出始めた・・・・!?
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/0184c477ea2e600ff97e564285ffb273

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

On Voice 第804回 言論弾圧の季節がやって来るのか?(1/3)

 石原都知事が「日本は核武装した軍事国家になるべき」と大暴言。石原伸晃の元秘書も不穏な動き。
 忘れてはならないのは、誰かが自分の意思を表明する場合、必ず別の誰かにとってそれは迷惑になるということ。
 だから憲法にはわざわざ「表現の自由」が明記されているのだ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第804回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0804.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

On Voice 第803回 右翼への発言妨害について

 どんな政治主張の人であっても意見表明する自由は守られなくてはならない。
 6.11新宿で新右翼系の発言に対する執拗な妨害。
 右翼が嫌いなのはぼくも同じだが、しかしTPOを考えないと。
 その人が本当に何が言いたいのかを汲み取る能力も必要。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第803回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0803.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

On Voice 第802回 「刑事コロンボ」と昔のテレビ

 ピーター・フォークが亡くなったそうで。
 「コロンボ」がうけた背景には吹き替えの小池朝雄の存在が大きかったのでは。
 かつては大きな波があった海外ドラマブーム。
 当時は番組録画が非常に難しかったので。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第802回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0802.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

On Voice 第801回 「血液型ZONE」を聴いている理由(2/2)

 タブーにも積極的に挑戦しているような。
 差別問題などかなり微妙な話なのだが、これはこれで反差別的なスタイルなのでは。
 世の中で言われていることの「おかしさ」を直感的に嗅ぎ分ける能力。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第801回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0801.mp3

▼紹介したサイト▼
血液型ZONE
http://zone.x0.to/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

On Voice 第800回 「血液型ZONE」を聴いている理由(1/2)

 血液型の話題にはいろいろ賛否もあろうが…
 実はかなり深いところまで理解した上で番組を作っている諏訪山氏。
 僕としては必ずしも全ての意見に同意できるわけではないけれど。
 真剣に真面目に考えしゃべっているように感じられるので。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第800回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0800.mp3

▼紹介したサイト▼
血液型ZONE
http://zone.x0.to/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

On Voice 第799回 議員なら法案提出と論戦で戦えよ

 菅降ろしと延長問題のゴタゴタが続く国会。
 誰かのクビと引き替えに法案を通すとか通さないとかいう自民党政治の悪しき政治風土は、もういいかげん止めてもらいたい。
 政治責任とか結果責任とか言う前に、まずルールを正しく守るのが大人。
 手練手管と腹芸の中で誰の責任かわからないうちに国が動いていくなんて…

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第799回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0799.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

On Voice 第798-2回 石原伸晃クンの妄言?(下)

 もっと言ってしまえば小沢一郎派だって大きく登場している。
 残念ながら(?)現状では新左翼にそんな力はない。
 石原クンは知ってて言っているのなら嘘つきだし、知らないのならあまりにも現実を知らなすぎる。
 国会会期延長反対論もちょっと筋違いなのでは?

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第798-2回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0798-2.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第798-1回 石原伸晃クンの妄言?(上)

 「脱原発運動ははアナーキー、主導しているのは中核と革マルと日共だ」と講演したそうで。
 確かに彼らが現場に来ていたのは事実だが、主導したとは言えない。
 社民党の福島党首などが発言しており、つまり実際にはそういうところが大きなバックアップをしていた。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第798-1回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0798-1.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月19日 (日)

On Voice 第797回 リアルとファンタジー(6/6)

 いまだに残る「極左暴力集団取締り本部」
 左翼「風味」の文化人しか登場させないマスコミ。
 反・嫌左翼パラダイムを作ってきた体制の成功例としての第二自民党=民主党への政権交代。
 これも管理された安全なファンタジーの一つだったわけだが、問題だったのはこのファンタジーに左翼までもが乗せられてしまったこと。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第797回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0797.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

On Voice 第796回 リアルとファンタジー(5/6)

 消費物としてのファンタジーとは体制にとって安全な=社会を変化させる危険性のない=コントロール可能なファンタジーである。
 社会に蔓延する左翼アレルギー。
 それは一種のマインドコントロールであり、別の言い方をすれば刷り込まれたパラダイム。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第796回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0796.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

On Voice 第795回 リアルとファンタジー(4/6)

 リアリストであっても、その前提にファンタジーがあるはずなのに。
 実現された理想だけが評価されるリアリズム偏重の社会。
 しかし、それでも人はファンタジーを持つしかない。
 そうした人々に対して社会が用意する商品化された消費物としてのファンタジー。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第795回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0795.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

On Voice 第794回 リアルとファンタジー(3/6)

 地獄への道は善意で敷き詰められている…
 なぜ素朴な善意では駄目なのか。
 日本人に不足している哲学や思想。
 それは難しいことではなく、つまりファンタジー。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第794回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0794.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

On Voice 第793回 リアルとファンタジー(2/6)

 復興に向かう被災地の人々の本音は…
 元の生活を取り戻すということは、資本主義的競争社会をもう一度作ることを意味する。
 その結果、ゼロ次被害の東北ではさらに格差が拡大していくだろう。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第793回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0793.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

On Voice 第792回 リアルとファンタジー(1/6)

 村上春樹は苦手だが、カタルーニャ国際賞受賞スピーチには全く同感した。
 今、日本に最も必要なのはまさに「非現実的な夢想家」だ。
 「効率」に走った原発推進派が言う「現実的」とは、ただの「便宜」でしかないという慧眼。
 日本人が根っこに持つものが「無常観」であるという点も。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第792回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0792.mp3

*参考!サイト
・薔薇、または陽だまりの猫
非現実的な夢想家として【村上春樹】カタルーニャ国際賞スピーチ原稿全文
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/5e18920119e56de25a99aaaf81a16a4f
・YouTube
【村上春樹】カタルーニャ国際賞スピーチノーカット音源ー1
http://www.youtube.com/watch?v=Hxw5ONkWFuE&feature=related
【村上春樹】カタルーニャ国際賞スピーチノーカット音源ー2
http://www.youtube.com/watch?v=_yTdiHrYid4&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

On Voice 第791回 6.11脱原発100万人アクションに参加して(2/2)

110613

 夕方には新宿アルタ前に再集結。
 なぜか若い女の子が「ふるさと」を歌っている時だけ大音量で「解散しろ」と叫ぶ機動隊の指揮官。
 全国の参加者の皆さんには敬意を表するが、しかし今回の行動に参加した人が「奇特な人」でなくなる時こそ、日本が変わる時なのかもしれない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第791回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0791.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月12日 (日)

On Voice 第790回 6.11脱原発100万人アクションに参加して(1/2)

110612

 マスコミはほとんど黙殺状態だが(笑)
 新宿中央公園には2万人、ぼくは昔ながらの左翼系の芝公園へ。
 古くさい老人たちの集会を嫌がる人も多いが…
 それにしても、そんなに元気があるなら原発にボランティアに行ってくれ右翼。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第790回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0790.mp3

*参考!サイト
・薔薇、または陽だまりの猫
6.11 脱原発100万人アクション 全国各地からの報告とニュース(1)
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/bf0728facaf836de350d35f970fb0785

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

On Voice 第789回 既得権益を守りたい守旧派たち(2/2)

 背景に原子力政策の転換に反対する勢力=原発をもっと続けたい人達の存在。
 戦犯にされるのを恐れ歴史の書き換えを始めている原子力保安院。
 国を動かすのが官僚でも政治家でも、そんなのどっちでもいい。
 「脱官僚」は国会議員と高級官僚との権力闘争にすぎない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第789回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0789.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

On Voice 第788回 既得権益を守りたい守旧派たち(1/2)

 菅降ろし騒動が思い出させるソ連崩壊。
 「共産党」を守りたかった守旧派は結局全てをご破算にしてしまった。
 官僚主義的な守旧派政治家たちが政治を混乱させ、国民たちをその巻き添えにする。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第788回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0788.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

再登録をお願いします。

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/oshirase110609.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

On Voice 第787回 再登録をお願いします(重要なお知らせ)

!!>>お知らせ特別版<<!!

Podcasting Juice(ポッドキャスティングジュース)のサービスが停止されます。

それに伴って、2011年9月以降、音声配信が止まる可能性がありますので、お手数ですが、左欄上部の「Podcast」のバナーをお使いのiTunesなどにドラッグ&ドロップして再登録していただきますようお願いいたします。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第787回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0787.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Voice 第786回 子供が嫌われる世紀(5/5)

 人間同士が戦い淘汰が起きるという、ナチスばりの曲解されたダーウィニズム。
 ワイルドな本能が否定されるかわり、ソフィストケイトされた欲望は競争社会を肯定する原理として無限に拡大することが許される。
 つまり一人前の消費者であれば「子供」は社会的に認められ、そうでない子供は飼い犬扱いされていくということ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第786回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0786.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

On Voice 第785回 子供が嫌われる世紀(4/5)

 子供を心配する親がモンスターペアレント視される深刻な事態。
 子育ては本来エキセントリックな行為。
 生物にとっては子孫を残すことが最も重要なモメントなのだ。
 日本でもつい最近までは母親たちが反戦運動の中心を担っていた。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第785回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0785.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

On Voice 第784回 子供が嫌われる世紀(3/5)

 子供が子供としていられる場所は少なくなっているのでは。
 大人の都合を子供に押しつけた結果の20ミリシーベルト基準。
 子供の被曝線量を気にする母親たちを排除しようとする文科省。
 そして誰も線量を調べない。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第784回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0784.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

On Voice 第783回 子供が嫌われる世紀(2/5)

 危険だから道路で遊ばせるなというのは本末転倒。
 子供が道路から追い出されたのはつい昭和40年代以降。
 それだけではなく時間さえ奪われて。
 一見、現代の子供たちの社会的活動範囲は広がっているように見えるが。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第783回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0783.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

On Voice 第782回 子供が嫌われる世紀(1/5)

 子供が騒ぐのがうるさいという人と騒ぐのが自然だという人。
 親に社会的な迷惑行為をコントロールする責任があるという意見はわかるが。
 本質的な問題は子供が自由に騒げる場所が無いことにある。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第782回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0782.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

On Voice 第781回 嘘つきは鳩山さんの方だろ、と…

 内閣不信任案騒動には皆んなうんざりだろう。
 二世議員の総理たちには無いギラギラしたものを持った菅さん。
 本当なら堂々と対決して負けたら引退して欲しかったところだが。
 政治家を引退すると言っていた鳩山前首相が、いまだに権力闘争に関わりたがる醜さ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第781回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0781.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

On Voice 第780回 忘れ去られた約束(2/2)

 「国歌・国旗」法案が成立した時、誰も強制しないし排除も差別もしないと政府ははっきり約束をしたはずなのに。
 思った通りこんな結果になってしまった。
 政治家のその場しのぎの言葉を信じることが出来ないことを改めて思い知る。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第780回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0780.mp3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

On Voice 第779回 忘れ去られた約束(1/2)

 「君が代・日の丸」処分裁判で初の最高裁判断。
 かつて思想・信条・言論・信教の自由が奪われて。
 軍部が主導した戦争によって多くの人々が苦しみを味わった。
 戦後、多くの人々が選択した平和憲法。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第779回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0779.mp3

*参考!サイト
・薔薇、または陽だまりの猫
「君が代」不起立処分「合憲」 最高裁判決要旨 ほか
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/f3d41a3fb5c7b32875f745598b4764f9

★↓内閣不信任案提出騒動の影でひっそりこんな事も起きています
コンピュータ監視法 5月31日、衆議院を通過
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/80085781bddab4dff05b7626800b1eb1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

On Voice 第778回 山本太郎はなぜ干されたのか(3/3)

 日本は自由度の高い国だと思われているけれど。
 何もしていないのに成田空港反対派が裁判所で突然一斉に逮捕されたり。
 ほとんどの人は「現場」の実態を知らない。
 「おかみ」に楯突くといきなり逮捕されても仕方ないという風土。
 あなたが現場に行かなければ偏見は払拭されないし、偏見が続く限り日本の民主主義は空念仏のまま終わる。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第778回

http://mymy.way-nifty.com/nekura_nomi/files/ov0778.mp3

*参考!サイト
・薔薇、または陽だまりの猫
<成田空港>用地内の団結小屋の撤去仮執行宣言…東京高裁/毎日新聞
http://blog.goo.ne.jp/harumi-s_2005/e/35ec837cdd1f161e1e68df1e9c6fbcbd
・情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)
三里塚「現闘本部」裁判事件――報道されない「50人逮捕」の実際
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2011/05/post-e217.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »