« On Voice 第826回 ゲスな小市民の「怪しいお米 セシウムさん」(2/3) | トップページ | On Voice 第828回 まんべくんは間違ってない! »

2011年8月15日 (月)

On Voice 第827回 ゲスな小市民の「怪しいお米 セシウムさん」(3/3)

 誰かを見下している、見下したい人たち。
 だからといって自分を一番だと言わないし、思ってもいないようで。
 どうせなら自分の思ったことを堂々と言う「嫌な奴」の方がずっと良い。
 カッコイイと思っているだけではなく、現実に自分の意見を言うだけの勇気もない。
 愛や平和や理念や理想を真正面から言うことがカッコワルイことになってしまった社会。
 失言は失言でしかなく、それ自体を処罰しても仕方ない。その背景にある思想こそ変えなくてはならないのだが、だからこそそれは非常に難しい。
 それが「本当はみんな思ってることだ」ということの正体であり、まさにイジメ・差別の構造そのものなのだ。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第827回

http://mymyway.www2.jp/201108/ov0827.mp3

|

« On Voice 第826回 ゲスな小市民の「怪しいお米 セシウムさん」(2/3) | トップページ | On Voice 第828回 まんべくんは間違ってない! »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

on voice 映画・テレビ・演劇・演芸・音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/52470181

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第827回 ゲスな小市民の「怪しいお米 セシウムさん」(3/3):

« On Voice 第826回 ゲスな小市民の「怪しいお米 セシウムさん」(2/3) | トップページ | On Voice 第828回 まんべくんは間違ってない! »