« On Voice 第830回 小松左京と日本SFの不幸な勝利(2/5) | トップページ | On Voice 第832回 小松左京と日本SFの不幸な勝利(4/5) »

2011年8月21日 (日)

On Voice 第831回 小松左京と日本SFの不幸な勝利(3/5)

 我こそが本道と主張し、いわゆる純文学などのメインストリームと闘ったSF。
 80年代から90年代にかけて市民権を得たサブカル。
 一方、全く力を失っていたメインストリーム。
 社会はモダンからポストモダンの社会へ。急激に社会のエントロピーが増大したのはある種歴史の必然だったのかもしれないが。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第831回

http://mymyway.www2.jp/201108/ov0831.mp3

|

« On Voice 第830回 小松左京と日本SFの不幸な勝利(2/5) | トップページ | On Voice 第832回 小松左京と日本SFの不幸な勝利(4/5) »

on voice 小説・マンガ・紙媒体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/52525815

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第831回 小松左京と日本SFの不幸な勝利(3/5):

« On Voice 第830回 小松左京と日本SFの不幸な勝利(2/5) | トップページ | On Voice 第832回 小松左京と日本SFの不幸な勝利(4/5) »