« On Voice 第847回 風評被害を考える(3/6) | トップページ | On Voice 第849回 風評被害を考える(5/6) »

2011年9月17日 (土)

On Voice 第848回 風評被害を考える(4/6)

 そもそも安全宣言の基準自体があいまい。なぜならまさに未曾有の事態だから。
 多少の放射線被曝はガマンしろ、それが痛みを分かち合うことだ、と言うのは変。
 確かに我々が子どもの頃は放射能汚染がひどかったが、だから今の子どもも被曝して良いという論理にはならない。
 昔はこうだったからガマンしろと言うなら、まず電気依存の社会を捨てて脱原発を実現する方がずっと良い。

弥生宗乙の
ネクラのみ来ん on voice 第848回

http://mymyway.www2.jp/201109/ov0848.mp3

|

« On Voice 第847回 風評被害を考える(3/6) | トップページ | On Voice 第849回 風評被害を考える(5/6) »

on voice 政治・環境・社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/52742762

この記事へのトラックバック一覧です: On Voice 第848回 風評被害を考える(4/6):

« On Voice 第847回 風評被害を考える(3/6) | トップページ | On Voice 第849回 風評被害を考える(5/6) »