« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

年末年始はクラシック

 今年もこのブログを復活させることが出来なかった。なんとかしたいとは思っているのだが。
 さて今年ももう大晦日。毎年恒例で夜は年越しそばを作り、毎年恒例で後片付けの間にNHKの第九が始まってしまうと言う、いつものパターンになってしまった。残念ながら第一楽章はちゃんと聴いていない。
 今回の指揮者はフランソワ・グザヴィエ・ロト。大変個性的な第九だっだ。こういう解釈は初めて聴いた。ロトはテンポが速いと言われているようだが、確かに部分的には超高速に聞こえるところもあるが、そう言うより独特の間合いと緩急があると言うことだろう。
 全体としては荒っぽく言うと「地味」。しかしそれが緩急と言うことなのだろう。特に第三楽章は、おそらくあえて派手さを抑えて、わざとツヤを消しているような感じがした。ぼくも分かっているわけではないが、ベートーベンの第九は第四楽章で先行する三楽章を否定する構成になっているらしい。その意味では第三楽章が派手に光っていない方がよいのかもしれない。
 また突然音が消える長い間が入ったり、一般的には区分けされるような箇所が有機的につながるような演奏になっていたり、演出の意図まで理解は出来るわけではないが独特な感じを受けた。
 もちろん第四楽章も派手というわけではなく「荘厳」という感じがした。「合唱付き」の副題のとおり合唱が全面に出た演奏だった。
 驚いたのはこの指揮者がぼくより一回り若いと言うことだ。見た目が老けすぎだ。いや、貫禄と言うべきか。ぼくの好きな朝比奈隆のベートーベンとはだいぶ違うが、重たいわけではないが荘厳という新しいベートーベンもなかなか良い。
 さてこれから、これも毎年恒例の東急ジルベスターコンサートの中継で年越しをし、明日はウィーンフィルのニューイヤーコンサートの中継だ。
 ジルベスターの方は山田和樹がフィンランディアでカウントダウンをやるらしい。時々ジルベスターではきっちりカントダウンに合わせようとしない指揮者もいて興ざめになることがあるのだが、山田は若く活気のある人だから挑戦してくれるだろう。
 一方、ウィーンフィルの方はズービン・メータだそうだ。こちらは目新しくはないがメータらしい現代的でわかりやすい演奏が聴けるだろう。お正月はそれでよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

ショック

水玉螢之丞さんが亡くなったという。
特に追いかけていたわけではないが、SFマガジンなどで、とてもセンスの良いマンガ・エッセイを書いておられて、とても好きな作家だった。まさか亡くなるとは。
初めて知ったのだが年齢はぼくと同い年だった。
本当に残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル

 先週、日本テレビで放送された「ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル」が予想外に良かった。実は昨年に続く第二回だったのだが、ネタ的な作りだった昨年から、今年はドラマチックな演出になっていた。日本テレビは夏の「鳥人間コンテスト」と言い、この手の演出に長けているなあと思う。

 主役は昨年おしくも決勝で敗れた親子チームで、さすがにロボットは格好もメカも良くできている。ここに襲いかかるのが、千葉工大とタカラトミーが組んだギミック重視のトランスフォーマー再現ロボ、マンガに出てきそうな怪しい博士という感じの、実は本物のロボット開発者によるシュールな外観のハイテクノロジーマシン、そしてあらゆる面で非常に完成度の高い風神ロボ。そこに昨年に引き続き「残念な」日大チーム、「お約束」のふなっしーロボなどが絡んでくる。

 お話にならないようなダメ・ロボットもあれば、闘ううちにどんどんボロボロになっていくロボもある。決勝戦では親子チームのロボットが、ふたつの闘いで故障し動かなくなったのを、対戦相手の風神チームや他のチームの人達が一緒になって修理するなど、思わぬ感動エピソードもあった。
 昨年に比べると技術力は確実に上がっており、まったくどうにもならない試合はなかった。いずれも激闘と言って良い好試合で、見応えがある。ぼくもアトムと鉄人の世代だから、こういうテレビ番組が出来る時代がやってきたことにはある種の感動もある。来年も観てみたいと思う番組だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

アニメ・2014秋~2015初

 2014年のテレビアニメでは「謀略のズヴィズダー」と「スペース☆ダンディ」が近年まれにみる大傑作だと主張しているのだが、誰も理解してくれない(おおよそ同じくらいの年代のオタク系中年男性において)。
 どうもひとつには、それぞれのアニメの体験史の違いがあるのかもしれないということは感じた。それはたとえばタツノコ・アニメの評価である。ぼくなどは「宇宙エース」が好きだったし、「ハクション大魔王」も好きだった。もちろん「マッハGoGoGo」はまわり中みんな夢中だったと思う。ただし「ガッチャマン」はあまり見ていないし、さほど興味もないのだが。ぼくの意見に賛同しない人達は「うーん、タツノコね~」という感じで、どうもタツノコ・アニメに響くものが無いようだ。
 ぼくには、なんだかよくわからない無茶苦茶なアニメが面白いと思うところがある。これは中学から高校の頃、はまりにはまった筒井康隆の初期作品群と共通したところだ。初期の筒井は「人間パイ投げ」とか称してすさまじいブラック・バイオレンス・ユーモアものを書いていた。それは赤塚不二夫や谷岡ヤスジのマンガをそのまま小説に持ってきたような、真面目に評価すれば実験小説と言えるものだった。
 非合理的な破壊的ナンセンスに浸りきれるかどうかが、ひとつの分かれ目なのかもしれない。

 さてそれはそれとして、現在放送中のアニメも切り替え時期が来た。そろそろ最終回のものもあるが、今期では「七つの大罪」とか「ワールドトリガー」などの少年誌連載マンガや、「棺姫のチャイカ」、「甘城ブリリアントパーク」と言ったラノベ・シリーズなどのアニメ化作品が、しっかりした構成でなかなか観せていると思う。
 マンガの方は挫折してしまったのだけれど「繰繰れ! コックリさん」は思いのほか味があってちょっと面白い。
 番外的に言えば「SHIROBAKO」はサラリーマン時代のトラウマを引き起こしそうなところがあって見るのがつらくなった。「結城友奈は勇者である」は、伝統的・正統的な魔法少女ものだと思うけれど、あまりにも国粋主義的なイメージを使うので辟易するところがある。

 次は1月始まりのアニメだけれど、まだ放送日程とかが決まらないものが多い。「SHIROBAKO」じゃないけれど、おそらく皆ギリギリで頑張っているのだろう。
 その中で注目なのは、まず「わしも -WASIMO-」。今年の3月に放送されたものの続編らしいが、残念ながら春版は見逃している。注目する点は作が宮藤官九郎、絵が安斎肇という意外な組み合わせだ。
 次に「ドアマイガーD」。ほとんど何だかわからない。京都の老舗和菓子屋が巨大ロボを操って敵を倒す(のか、お菓子を作るのか?)、昭和の香り漂うアニメだそうだ。香ばしい。
 それからこちらはマンガ原作があるようだが「ユリ熊嵐」というのが気になる。熊が決起(!)して人間を襲うようになった世界の話だそうだが、「百合」の方向にも発展する気配がする。ドキドキだ。小倉唯、悠木碧、日笠陽子、井上喜久子と、声優陣は中堅からベテランが脇を固めていて、それなり力が入っている感じである。
 「ローリング ガールズ」は「各都道府県が独立国家となった日本の所沢が主な舞台となっている」と言いながら「頑張る四人組の少女が織りなす青春ロードムービー」と宣言する、地域立脚型なのか放浪型なのかはっきりしてほしい、詳細不明の作品だ。
 「暗殺教室」とか「純潔のマリア」など、すでに一定の評価を受けているマンガのアニメ化にも興味がある。形はしっかりしているわけだから観やすいだろう。もっとも後者の方は作品自体より出てくる声優に好きな人が多いので「声優推し」なんだけど。
 「みりたり!」とか「幸腹グラフィティ」は有名4コマ専門誌のマンガのアニメ化である。こういうのは時々大化けすることがあるので要注意(?)である。
 あと「艦これ -艦隊これくしょん-」は一応でもチェック入れとくしかない。ぼくはやってないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2015年1月 »