« 国会前に行ってきた | トップページ | 国会前に行きたい »

2015年8月 6日 (木)

2015年夏期アニメ

 2015年夏期のアニメも、そろそろ折り返し。最後まで見ないと評価できないものもありそうなので、何とも言えないが、今のところ気に入って見ている作品をいくつか紹介してみる。

 「のんのんびより りぴーと」は、「のんのんびより」の第二期だが、なぜか第一期と作品上の時期が重なっている。第一期のエピソードの間に入るようなエピソードが描かれていて、こういう構成は目新しい。まあ、小学生の話だから、あまり物語が速く進んでしまうと話が成り立たなくなるのかもしれない。

 「六花の勇者」はラノベのアニメ化だが、ちょっとひねったヒロイックファンタジーである。なかなか敵である魔物がいるところまで行き着かない。というよりこれは勇者同士の関係性の物語であり、一種のミステリーものでもある。その意味では本格的ヒロイックファンタジーを期待すると違うかもしれない。ただ美術や音楽は大変美しい。

 「ワカコ酒」はマンガ原作のグルメ系アニメだが、一話5分で、ほぼワンシーンで終わる。ポリシーを持って一人酒を楽しむ女性の話だが、なかなか趣があってよい。

 「実は私は」もマンガ原作もの。いわゆる人外ラブコメ。変なジャンルのような気もするが、今どきごく普通のアニメではある。別に何がということのない、内容の無いラブコメだが、実はそこがいい。何も考えないで見られて、だからと言ってつまらなくもない、そういうアニメは案外少ないのだ。

 さて今期もっとも衝撃的だったのは「がっこうぐらし」だ。一切何も知らずに見たので驚いた。だからあえて何も書かないでおこう。ちなみにぼくは以前から水瀬いのりのファン。「ご注文はうさぎですか」とか「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」、前述の「実は私は」など数多く準主人公的な役をやっているのだが、実は主役はこれが初めてという話もある。

 以下は直接関係ないが、「がっこうぐらし」関連と言うことで。

「は・ん・せ・ん・し・た・い (「がっこうぐらし」OP反戦替歌)」

|

« 国会前に行ってきた | トップページ | 国会前に行きたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78005/62032193

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年夏期アニメ:

« 国会前に行ってきた | トップページ | 国会前に行きたい »